大腸ポリープ手術

大腸ポリープとは

ポリープの放置は大腸がんに変化するリスクが高まります

大腸ポリープとは大腸の粘膜にできるイボ状の病変で、「過形成ポリープ」など様々な種類がありますが、80%は腺腫だとされています。腺腫は良性の腫瘍ですが腫瘍であることに変わりはありませんので、放っておくと次第に大きくなり大腸がんに変化するリスクが高まります。

ポリープの段階で切除すれば大腸がんが予防できます

胃がんの場合、ポリープなどの病変を経ずにいきなり発生しますが、大腸がんの場合、特殊な例を除いてまずは腺腫という良性のポリープができ、その後、次第に大きくなり、それに伴って大腸がんに変化するリスクが高まります。一度大腸がんになると増大・進行し、いずれは外科手術(腸切除)でないと治療できなくなります。

 

定期的に検査を受けてポリープの段階で発見・切除すれば、大腸がんを予防することができ、腸切除しないですみます。

大腸ポリープ手術とは

検査中にポリープを切除することが可能です

当院は日帰り大腸ポリープ手術に対応しています。大腸内視鏡検査により大腸ポリープが見つかった時には、その場で切除することが可能です。切除の方法には「内視鏡的ポリペクトミー」「内視鏡的粘膜切除術(EMR)」「コールドスネアポリペクトミー」などがありますが、当院ではポリープの状態を詳しく確認した上で、最も確実かつきれいに切除できる方法を選択するようにしています。

内視鏡的ポリペクトミー

ポリープに「高周波スネア」と呼ばれるワイヤーを掛けて、高周波を通電させて根元から焼き切る方法です。

内視鏡的粘膜切除術(EMR)

主に平坦なポリープに対して用いられる方法で、根元に生理食塩水などを注射して隆起させた後、ワイヤーを掛けて切除します。

コールドスネアポリペクトミー

ポリープにワイヤーを掛けて、高周波を通電させずに締め付けて切除する方法です。

注意事項
  • 手術当日は絶食で、翌日はお粥などの消化の良いものを食べるようにして下さい。2日目から普通に食事して頂けます
  • 1週間程度は香辛料などの刺激物やアルコールはお控え下さい
  • 1週間程度は激しい運動や遠出はお控え下さい
  • 鎮静剤を使用しますので、手術当日の車・バイク・自転車の運転はお控え下さい

ご予約・ご相談はお気軽に

お身体のことでお悩みでしたら、京都伏見区にある下村哲也内科クリニックまで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 075-644-5407.png
  • メールでのお問い合わせ
staff staff blog